映画・テレビ

【映画】天使と悪魔

もともと前作の「ダヴィンチ・コード」にイマイチ感を持っていたので見に行く気はなかったのだが、友人に誘われて映画館で見た。今頃日記に書くけれど。
前作のほうが正直まだマシだった。

コンクラーベの儀式をビジュアルとしてドラマ仕立てで見ることができたのは、それなりに面白かった。
ユアン・マクレガーも好演だった。どうしてもイタリア人には見えなかったけど。
他のキャストも健闘してたと思う。

しかし、台本が酷すぎる!
中途半端なキャラの扱い(反物質を盗まれた研究所から来た女性研究員とか実行犯とか)、ご都合主義なだけでドキドキも説得力もない前半のバチカン市内ツアー、意外性もクソもない真犯人。
だが、それはまだいい。

私が一番突っ込みたいのはクライマックスシーン。
爆発したら直径約800メートル(グーグルマップで調べた!)のバチカンまるごとふっとばして、更にローマ市の一部も吹っ飛ばすであろう反物質の入ったカプセルを発見したとき、時限装置の残り時間は10分を切ったくらいだった。
で、それを教皇選定に集まっていた枢機卿たちを避難させるために待機していたヘリを使って上空で爆発させて事なきを得る、というエピソードなんだけど、ちょっと待て。そのヘリの上昇速度、1分で何メートルだ?
映像を見る限り、どう多く見積もっても1分50メートル。
反物質のカプセルが発見された時点で残り10分だったと仮定して(残り時間はもう少し少なかった可能性が大きい)、それをヘリに運ぶまで1分、ヘリが上昇始めるまでに1分として、残り8分。
垂直上昇だし、ヘリは普通の航空機のように一気に加速することはできない。
だとすると、400メートル上空で反物質は爆発したことになる。
てことは、半径400メートルのバチカンをまるっと吹っ飛ばす威力は大して弱められてはおらず、あの広場に集まっていた人たちが生きてるのはありえない。
このシーンに関しては、他にもツッコミどころはあるらしいのだが、それに関しては私は詳しくないので言及しない。

原作は読んでないのだが、恐らく原作もツッコミどころ満載なのではないか。
台本が酷いのは、一部原作にも責任があるのではないかと思われる。

続編ができたとしても、絶対見にいかないことを心に誓った。


(映画館にて鑑賞。2009/08/16記・再掲)


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】スティング

一文に要約するなら、オッサンスキーでワキヤクスキーの私には、パラダイスな映画だった。

映画自体は1974年の制作ですが、舞台となっているのは1936年、つまり世界大恐慌の直後くらい。作中のシカゴがどことなくうらぶれた雰囲気なのはそのせい。
世界的恐慌の数年後という現在に似ながらも、今の世相よりなんとなくのどかな雰囲気がするのは、BGMで流れるラグタイム(という音楽のジャンル)のせいかもしれない。ラグタイムは希望あふれる新世紀になったばかりの頃、流行ったそうだ。

どの人物をとっても、カタキ役のロネガンや刑事ですら、典型的でわかりやすくて、そして魅力的。
キャラ造形にしてもストーリーにしてもオチにしても、わかりやすいというのはエンターテイメントとして非常に大切だと思う。
オッサンスキーな私には、フッカーとゴンドルフどっちを選ぶかと問われれば、躊躇なく後者だが、フッカーはフッカーで、若さというかバカさというか、あれもそれなりに魅力的。特に笑顔にはくらっとくる。ちょっとブラピに似てるよねって話もあったけど、顔立ちも同系統だし、表情、特に笑顔の性質が似てる気がする。
ロバート・レッドフォードの出てる映画ってあまり見たことないけど、そういえば「スパイ・ゲーム」でブラピとレッドフォードは共演していた。レッドフォードはCIAエージェント・ブラピの上司役で、これがまたすっげー渋くてカッコイイ。落ち着いてはいたけれど、相変わらず笑顔も魅力的で。
あとゴンドルフの情婦ビリーも美人じゃないんだけど、なんかいい感じの色っぽさでよかった。年取るとああいうおばちゃんの魅力がわかるようになってくるのだ。世界は広がるぜ。

笑顔というか表情について。
フッカーは若いから表情がぱっと変わる。
ゴンドルフとか他のおっさん連中は、笑うときもじんわり時間かけて笑う。年取ると単純に筋肉の動きがスローになるのかもしれないが、その間合いに、映画を見る人間はいろいろ考えてしまうのかもしれない。裏ではこんなこと考えてるんじゃないかとか。
ロネガンなんか笑った顔すら怖いみたいなところがあって、要は目が笑ってないってやつだが、例えばそれを小説で表現するとき「目が笑ってない」だけだとつまんない、だったらどう表現したらいいだろう?なんてことを見ながら考えていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】ダイアリー・オブ・ザ・デッド

Gyaoにて。
やっぱりロメロはいいっすよ~heart04

今や情報を伝えるのはブロガーやハッカーや子供
ネットワークが崩壊した今
情報源は一般人となり
嘘の数も増加
情報とともにますます主観が増え
真実はさらに見えなくなる
残るのは騒々しさばかり

これは作中の女性主人公のモノローグですが、この作品は2008年の作品ということもあり、昨今の既存メディアへの不信と、それに相乗するように増大していくネットワーク経由の情報については考えさせられます。
内容としては、フィクションという体裁をとったノンフィクション(フェイク・フィクション)で、ゾンビの爆発的な増加に翻弄される一般人という、既存の作品とほとんど変わらないストーリーだと思われます。
その王道のパターンに何を入れ込んでいくかというところが、時代時代で違うので、そこのあたりも考えて過去の作品も見てみると面白いのではないかと思います。
ちなみにこの「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」、作中のニュースの音声にスティーブン・キングやタランティーノも参加しているようです。私はわかりませんでしたが……。

ゾンビ映画というのは、一種のパニック映画なんだと私は思います。
パニック映画は群像劇であることも多く、そういうところも個人的には魅力です。
いざというときにどんな人間がどのように振る舞うのか――最初から最後まで立派な人もいれば、最初から尊敬できないまま死ぬときまでみっともなく迷惑なのもいる。高潔の士だと思っていたら土壇場でお粗末な性根が晒されたり、ダメなヤツだと思っていたら見事な最期を見せてくれたり。
自分だったらどうなんだろうと、いつも考えながら見ています。
でも、パニック映画というのは、基本的に「人類に対してのNO」を肯定してるわけじゃないんですよね。批判しつつも、救いもあると、そういう姿勢が必ずある。
それはパニック映画に限らず、いろんな物語は大抵そうだし、小説であれ映画であれマンガであれアニメであれ、制作者はそうであるべきじゃないでしょうか。

で、ゾンビ映画=パニック映画説ですが、ゾンビ化も咬傷による感染ぽいですし、これをウイルスに置き換えたら、「アウトブレイク」とそこまで変わらないじゃないですか。
しかし、そういう作品と決定的に違うのは、ウイルス・パニック映画が大抵はなんとか治療法を発見し、事態が収束を迎える明るい結末が多いのに対して、ゾンビ映画のほうは、被害は増大する一方で、悲劇的な結末しかあり得ないことです。
それは、死んでいるが故に完治はありえないから、でしょう。

「ナイト・オブ・リビングデッド」でゾンビ映画監督として一躍有名になったジョージ・A・ロメロ監督ですが、実はこのゾンビはSF作家リチャード・マシスンの「地球最後の男」の1シーンにイメージを借りたものだったらしいのです。
つまり、ゾンビ映画(リアルでのゾンビは完全別ものですが)の原点はSFにあり!
シチュエーションみると、まさにゾンビ映画そのものですね。こちらは吸血鬼ネタらしいのですが、吸血鬼に噛まれると吸血鬼化する現象をウイルス原因と仮定した物語らいしです。
ここで一般的な吸血鬼とゾンビ映画におけるゾンビを比較してみると、吸血鬼は弱点が多いので、なかなか増えにくい。しかし、ゾンビの場合は、脳味噌ほぼ停止状態なので頭は悪いのと、動きが鈍いことを覗けば弱点はありません。弱点といっても弱点らしい弱点でもありませんし、いわば最凶です。
これではゾンビ映画にハッピーエンドなど訪れるわけがない。勝てるわけがないのだから。
だからといって、弱点のあるゾンビを退治して、人類が復興するというのも、なんだか無理がある気がします。

やっぱりゾンビ映画はこういうオチしかないのかしら?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】グリーン・ゾーン

過日、映画館にて。

思っていたより期待ハズレ。
アクションシーンはよかったので、金返せというほど悪くはないんだけど、話が薄い。薄すぎる。
人物造形が薄っぺらくて、ドラマにならない。

このボーンシリーズで名をはせたポール・グリーングラス監督というのは、本当にアクション撮るのは上手いんですよ。
でもそれだけ。
ボーン・シリーズは原作付だったから、ストーリー的にも人物造形的にも別に問題は感じなかった。
この作品は、原案はいても原作じゃない。そこが問題だったんじゃないかなあ。
2時間近い上映時間の間、ずっと主人公のミラー上級准尉を見てることになるんだけど、彼がどういう人なのか、どうにもわからなかった。
他の人物もそう。
ネタはいいんだけど、もっとサスペンスやドラマとしての奥行きが欲しかったし、やりようによっては出せるはずだと思った。
もうこの監督、原作付き以外の作品は撮ったらいかんよ。

それからもう一つ思ったことがある。
ストーリー自体はとてもシリアスで、おまけにアクション、つまり暴力は容赦ない。
アクションてのは、暴力なんですよ。
それをドシリアスでやられると、平和ボケした日本人としては辛い。
普通のアクション映画というのは、アクションの中にも結構笑えるシーンも多いんですよね。それはやっぱり、シーンが暴力一辺倒になっちゃうと後味が悪くなってしまうからなんじゃなかろうか。その暴力に理由や意味があるんなら話はまた別ですが。
アクション=暴力であるということを、この映画によって再確認させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】ブラブラバンバン

Gyaoにて。

要は、主役をやった安良城紅という女の子を売り出さんがためのプロジェクトですね。
音楽で青春ものなら、やはり「スウィング・ガールズ」のほうがまとまってたし、全体的によかった。あれと比べられると辛いものがあるかもしれないけどさ。

この安良城さんという人はもともと歌手の方らしく、リズム感もあるし、歌も上手いし(劇中で歌うシーンがある)、スタイルもいい。
んだけど、髪の毛茶色すぎる。ケバすぎる。
いい音楽の演奏を聴くと、エッチな気分になって、無意識のうちにとんでもない破廉恥な行動を起こしてしまう。けど、すごく音楽が好きで好きで……っていう女の子の役なんですが、いくら美人でもケバいねーちゃんがそれやってもつまんないわけですよ。
清楚とか堅そうとか、そういうことしそうにない人がやるから、こういうネタは面白いんでしょーが。
例えば、本仮屋ユイカとか石原さとみとかさあ。
そういうギャップ的なものもあれだけど、こういう役は、もっと演技力の確かな人でないとつまらん。

ただ、脇役の高校生の子でいいなあと思う子はいた。
ブラスバンドの部長役の足立理くんという男の子と、ボーイフレンドを獲られるんじゃないかと主人公の女の子を目の敵にしてる女の子役の近野成美さんという子。
この2人は演技がよかった。特に近野さんはポニーテールも似合ってて顔もかわいかったんだけど、ちょっといじっぱりな女の子のかわいさというのがよく出せてよかった。
あと、イヤミな合唱部顧問の先生の役でさとう珠緒が出てたんだけど、案外演技上手かったです。始めて見たので少し驚いた。

たぶん、原作は面白いんじゃないかなあ。
ネタとしては悪くないので。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】シャッターアイランド(ネタバレ注意)

1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャック。だが島内に女性患者の姿はなく、島外へ脱出した形跡も見あたらない。いったい彼女は、どこへ行ったのか? 唯一の手掛かりは、彼女が部屋に残した1枚の紙切れ。そこには、「4の法則」と題した暗号が記されていた…。
goo映画より転載


のっけからネタバレいきまーす。

たぶんふつーに見れば、病院ぐるみで妄想を現実として演じることで主人公のテディを正気に戻す実験をしたものの失敗に終わった、という風に見えるはず。
ところが、ラストシーンで主治医を相棒と呼び、「怪物として生きるのがいいのか、善人として死ぬのがいいのか?」と問いかける彼の目つきはどう見ても正気。
そこでひっかかる人は、もやもや~っとするんだろうと思う。
ひっかからない人は、素直に「かわいそうにやっぱり狂った状態に戻ってしまったのね」と思うのでしょう。

これは、洗脳実験に関する映画です。
ミステリーや謎解きの類じゃありません。

映画の中に出てくる主人公の過去やトラウマは幻覚や夢のシーンが多く、どこまでが本当でどこまでが妄想なのかはっきりしません。
しかし、おそらく、彼にとって大きなトラウマとなったダッハウの収容所での出来事、妻が子どもを殺し、その妻を主人公が殺したということは事実なのだと思います。
ノリス(C棟にいた男)がシャッターアイランドに収容され、それから一般社会に戻され、「怪物のような」事件を起こしてシャッターアイランドに戻ってきたのも事実だと私は思います。

それからおそらく、主人公は脳を外科的にいじられてます。
額のばんそうこうはその手術の傷跡を保護していました。
院長はロボトミーは保守派のすることだ、自分は進歩派だからしない、と言っていました。
ロボトミー手術のメジャーな方法は、「局所麻酔をかけ、眼球と瞼の間から前頭葉部にアイスピックを差し込み、これを左右に動かして前頭葉に水平に切り込む」そうで、それならば額(左の眉尻の上あたり)に傷がつくはずはありません。
多分、衝動的な行動に出やすくなる、そしてその衝動的な行動を自制することが困難になるような脳の部位を破壊される外科手術を施されたのではないかと思います。
その上で、「正常」になったとみなされて、一般社会に戻されたらどうなるか?
ノリスの二の舞――新たな「怪物」の誕生です。それも創られた。

少し前、「マインド・ウォーズ 操作される脳」(ジョナサン・D・モレノ著/アスキー・メディアワークス刊)という本を途中までですが読みまして、アメリカはマインド・コントロール実験でかなりえげつないことをやってます。
グアンタナモ収容所での拷問は、実際やっていた兵士たちは、自分が何のためそれをやっているかはよくわかってなかったらしいですが、見る人が見れば、尋問だったかマインド・コントロールだったかの手法なんだそうです。
社会保障局だったっけ、そのあたりが脳科学者にお金だして洗脳などに使えそうな基礎研究をやらせていたのも本当。
初期の心理実験は相当に危険なものもあったようで、ユナボマーとして有名な連続爆破犯セオドア・カジンスキーも心理学の実験に参加してからおかしくなってしまったそうです。
カジンスキーの参加した実験は、前述の「マインド・ウォーズ」によると、過度のストレスを与えられるものだったと記憶してるのですが、現在ならまず表立ってはできない凶悪な実験であることは確かです。

というわけで、シャッターアイランドの主人公は狂ったふりをし、島から出ないことで「善人として生きる」=ロボトミー手術を受けることを決意し、あのようなセリフを言ったわけです。
なぜロボトミー手術をするかというと、すでに脳みそ弄ってるから、薬ではどうこうできない。ささいなことで興奮して凶暴化する可能性がある。だからロボトミー化するしかないというわけです。

なんか読み違えてる人があまりにも多いみたいなので、ざくっとネタばらししてみました。
ま、これも私の妄想かもしれませんけどね。
ふははははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】バットマン・ビギンズ

キャストはやたら豪華でしたが、映画としては特に可もなく不可もなく、といった感じ。
話というか、作中何度も繰り返される復讐と正義についての一連のやりとりは、バットマン=アメリカの正義論のようで、イラク戦争の言い訳を延々聞かされているような気がしました。エンターテイメントとしてはちょっと歯切れが悪かったです。
良かったのは、執事とやる気のなさそうな刑事と悪役精神科医。
しかも刑事はかなり好きなはずのゲイリー・オールドマンだった。わからんかった。でも、ゲイリー・オールドマンは映画ごとに雰囲気違いすぎて、最近は特に見るたびに顔がわからなかったりするからしかたない(言い訳)。
おまけに、悪役精神科医は「28日後…」のにいちゃんですか。及川ミッチーみたいなちょっとトカゲみたいな冷血動物的変態っぽい雰囲気で、ぜんぜんわからなかったです。
ぜんぜんわからなかったついでに、社長役はルトガー・ハウアーでした。ブレードランナーの凶悪レプリカントが、ヒッチャーの連続殺人鬼が、恰幅よくなっちゃって……。
渡辺謙はチョイ役扱いです。しかも渡辺謙のよさを引き出せてない。あれではハリウッドの他の映画からオファーが来るとは思えない。せめてブラック・レインの松田優作レベルのかっこよさは欲しかった。
監督はメメント、インソムニアのクリストファー・ノーラン。
メメントはすごくよかったんだけどねえ。バットマン・ビギンズが悪いというわけじゃないけど、メメントの監督ならもうちょっとなんとか……という気もする。
(映画館にて鑑賞。2005/06/22記・再掲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】プロミス-無極

見てまいりました。
話はふつーです。寓話なので、驚くような展開とかありません。ありきたりです。
ただ、キャストは豪華でしたねえ。
傾城(セシリア・チャン)は根性悪そうな感じでよかったです。時々顔だけ白く塗りすぎてましたが。
崑崙(チャン・ドンゴン)はちょっと萌えましたねえ。なんだか映画版の電車男を思い出してしまいました。キャラ的に無垢っぽいとこが似てるのでしょうか。でも電車男には萌えるには至らなかったんですがねえ?
無歓(ニコラス・ツェー)最高でした。悪辣非道な美形悪役っぷり、ステキです♪
指を差した形の黄金の差し棒みたいなので、時々笑わかせてくれるのもとってもヨカッタです。
笑わかしてくれるといえば、崑崙の走りっぷりもすごかったですね。あれはちっとやり過ぎじゃないかと。
真田広之は中国語でも真田広之でしたねえ。もうちょっと将軍、かっこよくてもよかったような気がします。これは真田広之の問題じゃなくて、演出とか脚本の問題ですが。
衣装もキレイでしたね。将軍の鎧とか赤くてキレイだったなあ。
で、衣装についてなんですが、傾城の着てるキャミソールみたいなやつって、ほんとは金太郎腹掛けなんですよね?
確か昔の中国の女の人は寝るときはすっぽんぽんに金太郎腹掛けって聞いたことあるんですよ。
映画見ながら、これってセクシーキャミに見えるけど、実は金太郎腹掛けなんだなあと思っていたらおかしくておかしくて。
あと、自分はワイヤーアクションはあまり好きじゃないというのがわかりました。
設定が神様とか幽霊とかいうのならまあわかるんですが、人間が人間ではできない動きをするときの違和感ていうのがどうも気持ち悪くて。
ワイヤーアクションだと小説書くときの参考にもならないしね。
(映画館にて鑑賞。2006/02/21記・再掲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】フライトプラン

前半サスペンスとしてはちょっと中途半端な気もしないでもない。私が監督だったら絶対に冒頭で棺の中は見せませんね。
何故ダンナが死んでしまったのかとか、何故その便だったのかとか、その辺の理由づけもちょっとこじつけっぽいかな。
後半はいやおうもなく盛り上がるので、それで点数上げてあります。女の人が暴れる映画は大好きなんです。

ジョディ・フォスター相変わらず手堅いんですが、老けたなあ、さすがに。
あとね、この映画で私は「こんなにも眠そうな顔を元からしている人は初めて見た!」という人がいました。保安員役の人なんですが。
ハリポタのロンとか、Xファイルのモルダー捜査官も眠そう系の顔ではあるんですが、あれを1徹くらいとすると、彼は2徹か3徹くらいやってそうな顔です。ほんと今にも寝そうな顔です。

いやぁ、飛行機の中(客席じゃなくて)ってあんな感じなんですね。思わず探検したくなりました。そして、最近の飛行機って頑丈なんですねえ。びっくり。
映画はフィクションなので描かれていることや劇中の台詞を鵜呑みにするのは危険ではあるのですが。
遺体を納めた棺ってX線検査しないんですか?それはないんじゃないかって気もするんだけど。
9.11以降、乗客の数が合わなかったら、すぐに最寄の空港に着陸するようになってるってのはほんとなのか?
あまり飛行機(特に国際線)には縁のない生活を送っているので色々興味深かったです。
(映画館にて鑑賞。2006/02/22記・再掲)

追記:眠そうな保安員の方はピーター・サースガードさんです。「ジャーヘッド」でも重要な役どころで出てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】海猿

1作目のほうです。まだ見てなかったんです。
近々2作目上映されるということなので、ああ、そういえばと思ってレンタルしてみました。
点数2。
「暇で仕方なかったら見てみれば? 」レベルです。
いや~滅多に出ませんよ、この点数は。
なぜあの原作をここまでかったるい、つまんない盛り上がりに欠ける展開にできるのか不思議で仕方ありません。
そしてあの工藤をどうしてあんな狂言回しだけのキャラクターにしてしまうんだ?
三島はただのイヤミ君だし。
テレビドラマのほうは面白かったと一緒に見ていた母は言っておりましたが、2作目見る気が消滅しました。
多分、映画館には行かないと思います。
(レンタルにて鑑賞。2006/02/27記・再掲)

追記:原作は本当によかったのに……weep

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧