« 【映画】スティング | トップページ | 【18禁BLゲーム】sweet pool »

【18禁BLゲーム】ラッキードッグ1

世界大恐慌よりちょい後、禁酒法時代。港町デイバンの地元マフィアCR:5の幹部5人のうち若手4人が全員逮捕され、同じ刑務所に入れられてしまったところから話は始まります。
イキのよい若手幹部ばかりぱくられて、その隙にGDという外部のギャングが流入。街は危機的状況に陥ります。
主人公のジャンは、たまたまこの刑務所に先に入っていた平の構成員で、特技は脱獄。
その特技(だけでもないみたいですが)を買われて、マフィアの首領から「幹部全員を刑務所から脱獄させろ。成功したらお前を次期首領にしてやる」ととんでもない指令が下るというのがイントロの脱獄編。

脱獄してから、自分たちの街に帰り着くまでにまたいろいろありまして、これが逃亡編。
帰り着いたら着いたで、自分たちの首領が行方不明になるわ、抗争は激しくなってるわ、裏切り者はいるらしいわで、これをなんとかするのが、デイバン編。

という3部構成になってます。
脱獄編では2度ほどバッドエンドくらいましたが、あとはつつがなく、一巡目のエンディングにたどり着けました。
あとは暇にまかせてついつい、フルコンプ。
特典映像は各キャラごとのCG×1枚ずつ。

攻略順番は、

メガネの知性派/ベルナルド
→王様(俺様)系/ルキーノ
→成り上がりチンピラ系(でもいじられキャラ)/イヴァン
→どっか欠けてる無表情殺し屋/ジュリオ

の順でした。
でもあれですね。やっぱり主人公は全部受けなのね。
一人くらいは主人公攻めがあってもよかったんじゃないかと。

セリフ回しが非常によく、特に主人公役の声優さんのしゃべり方ともあいまって、とても軽妙です。
でもああいうやりとりって、小説で全編やるとうざくなるんですよね。だからマネできないのが残念。
地の文は主人公の一人称でもあるので軽妙で、あっさりめで読みやすいですが、たまに個性を主張してるときがあってひっかかります。
文章やセリフは明るく軽い感じがするのですが、マフィアの話なので、拷問とか殺人のシーンもあったりして、ちょっと血なまぐさくハードな感じ。これくらいがバランスとれるのかもしれません。
私は甘いラブストーリーはちょっと胸焼けするので、これくらいの殺伐度の話がいいです。

で、相変わらず声優さんがいい仕事してます。特に主人公、上手いです。
攻略キャラは、メガネの知性派、王様(俺様)系、成り上がりチンピラ系(でもいじられキャラ)、どっか欠けてる綾波系無表情殺し屋の4人で、私は基本俺様キャラ嫌いで、残りの2人もタイプではないので、消去法で知性派のメガネキャラ・ベルナルドさんからいきました。
で、このベルナルドさんの声、どっかで聞いたことあるなあと思っていたら、以前やった女性向け18禁ゲーム(非BL)UTM(アンダー・ザ・ムーン)のセイジュというキャラをやっていた方でした。結構イメージ違うっていうか、一番年上(といっても「まだ」31ですが)ということもあって、ベルナルドは時々おっさん臭かったですが、セイジュは屈折美少年系の繊細で暗いキャラだったので、同じ声なのにずいぶん違うもんだなあと、これまた驚いた次第です。
全員やってみて、一番好きなのは最初にやったベルナルドルートでした。一番痛くなさそうだったので(なし崩しに寝技持ち込みはあっても無理矢理は一応なし)。
ルキーノルートは主人公が妙に女々しいというか、ちょっと女の腐ったのみたいで、ここだけキャラ違ってる感じ。あと、スカトロ(小のほうだけど)プレイはどーも苦手で
イヴァンルートはかなり笑ったんですが、トゥルーエンドはちょっと淋しげ。あの何も考えてなさそうなイヴァンだからこそ、そういうエンドにしたんでしょうが……。
ジュリオルートは、これは主人公攻めでしょ!と期待してやってたんですが、やっぱり受けだったという……。
それから、ジュリオってほんまもんの変態なので、正直引きました。バッドエンドで「え? く、くうの……?」みたいな。カワイイんですけどね~。

やりながら、正月にやった咎狗といろいろ比較したりもしたんですが、文章は咎狗チーム(ニトロプラス・キラル)のほうが上手いです。
こっちは読みやすいことは読みやすいんだけど、語句の重複なんかが多くて、活字オンリーで読んだら結構辛いかなと思いました。
あと、アクションシーンがかなり手抜き。位置関係とかどう動いたかとか、ほとんど書き込みがなくて、立ち絵を動かしてアクションぽい雰囲気を出してるだけ。ああ、シナリオライターの人、アクションシーン書けなかったんだろうなあと思いました。
エピソード構成のほうはこっちのほうが上手いかな。
咎狗は序盤のあの無意味で長いエピソードがね……。
ワキヤクスキーの私としては、ボス・アレッサンドロと孤児院の院長はよかったんですけど、悪役キャラのバクシーの扱いがちょっと不完全燃焼っぽくて不満でした。
あと、エッチシーンはなんとなく咎狗のほうがエロかったような気がします。こっちのほうは回数多いし、バリエーションも豊富なんだけど、どうしてかな?
咎狗は最初にやったからインパクト強かったんでしょうか。うーん。でも、18禁ゲームなら男性向きも女性向きも何度かやってるから、免疫はあると思うんですけどね。

BLゲームに限らないのですが、普通のノベルゲームというのは、比較的プレイ時間が短いので気分転換にはちょうどいいと思います。

|

« 【映画】スティング | トップページ | 【18禁BLゲーム】sweet pool »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/49136967

この記事へのトラックバック一覧です: 【18禁BLゲーム】ラッキードッグ1:

« 【映画】スティング | トップページ | 【18禁BLゲーム】sweet pool »