« 【映画】かもめ食堂 | トップページ | 【映画】ナルニア国物語-第一章 »

【映画】ブラック・ダリア

仕事で煮詰まっていたのと、無料スタンプカードを持っていたので、気分転換に行ってまいりました。
実は原作持ってます。途中まで読んで、たぶんどこかに埋まっているはず。

音楽とか色調とか、あーデパルマだなあって感じで悪くないです。
キャストはよかったです。
スカーレット・ヨハンソンはああいう時代のコスチューム似合いますね。時折みられる小悪魔的表情もよく、ぐっと心を掴みたい殿方のいらっしゃる方は研究対象にされるとよいかも。

ヒラリー・スワンクのビッチぶりはなかなかのもの。
この人、ボーイズ・ドント・クライを見たのが(多分)最初だったので、以後何を見ても女装したゲイ(しかも若いころのウィリアム・デフォーの)にしか見えないのでありますが、気合いで悪女を演じてます。男食い殺しそうな迫力はある。

カウガールブルース(これもかなり変な映画だった。そして変なちょい役でキアヌ・リーブスが出てたりする)の音楽で惚れ、アンジャニュウも大好きなアルバムであるところのk.d.ラングの歌声が意外なところで聞けてうれしかったです。レズビアン・クラブの歌手だなんて「まんまやないけー」と一人で突っ込んでましたが。

ジョシュ・ハートネットも悪くなかったです。
他にも、最近では珍しくなった長回しのシーンなど見ごたえもあるんですが……。

なーんでこんなにかったるいんですかねえ。特に前半。
私はミステリやエンターテイメントはテンポがよくないと駄目なので、そのつもりで見たのが敗因かも。
途中で私がほったらかしてるくらいですから、原作自体がかったるいのは確かです。どっちかというと当時の風俗とか雰囲気とかを原作者は語りたい人なのかもしれない。(でも同じ原作者の映画LAコンフィデンシャルはテンポよかったんだよなあ)
なので、この映画を見に行くときは、当時の雰囲気とか(たまたま署内の警察官に元ボクサーが2人いたからってそいつらに試合させて票を集め、公債を発行するなんて現在ではありえん)、真面目な主人公が巻き込まれてドツボにはまっていく様を堪能することを鑑賞のポイントにするとよいかも。
というわけで、今回は5.5点。
(映画館にて鑑賞。2006/10/20記・再掲)

|

« 【映画】かもめ食堂 | トップページ | 【映画】ナルニア国物語-第一章 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/48101432

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ブラック・ダリア:

« 【映画】かもめ食堂 | トップページ | 【映画】ナルニア国物語-第一章 »