« 【映画】PARTY7/恋の門 | トップページ | 【映画】シャッターアイランド(ネタバレ注意) »

【映画】バットマン・ビギンズ

キャストはやたら豪華でしたが、映画としては特に可もなく不可もなく、といった感じ。
話というか、作中何度も繰り返される復讐と正義についての一連のやりとりは、バットマン=アメリカの正義論のようで、イラク戦争の言い訳を延々聞かされているような気がしました。エンターテイメントとしてはちょっと歯切れが悪かったです。
良かったのは、執事とやる気のなさそうな刑事と悪役精神科医。
しかも刑事はかなり好きなはずのゲイリー・オールドマンだった。わからんかった。でも、ゲイリー・オールドマンは映画ごとに雰囲気違いすぎて、最近は特に見るたびに顔がわからなかったりするからしかたない(言い訳)。
おまけに、悪役精神科医は「28日後…」のにいちゃんですか。及川ミッチーみたいなちょっとトカゲみたいな冷血動物的変態っぽい雰囲気で、ぜんぜんわからなかったです。
ぜんぜんわからなかったついでに、社長役はルトガー・ハウアーでした。ブレードランナーの凶悪レプリカントが、ヒッチャーの連続殺人鬼が、恰幅よくなっちゃって……。
渡辺謙はチョイ役扱いです。しかも渡辺謙のよさを引き出せてない。あれではハリウッドの他の映画からオファーが来るとは思えない。せめてブラック・レインの松田優作レベルのかっこよさは欲しかった。
監督はメメント、インソムニアのクリストファー・ノーラン。
メメントはすごくよかったんだけどねえ。バットマン・ビギンズが悪いというわけじゃないけど、メメントの監督ならもうちょっとなんとか……という気もする。
(映画館にて鑑賞。2005/06/22記・再掲)

|

« 【映画】PARTY7/恋の門 | トップページ | 【映画】シャッターアイランド(ネタバレ注意) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/48101861

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】バットマン・ビギンズ:

« 【映画】PARTY7/恋の門 | トップページ | 【映画】シャッターアイランド(ネタバレ注意) »