« 【映画】ライフ・オン・ザ・ロングボード | トップページ | 【映画】東京ゾンビ »

【映画】イヌゴエ

★微妙にシモネタがあります(内容は真面目ですが)ので、耐性のない方、もしくは食事前・中の方は下の方を見るときはご注意ください。

最近のお気に入り俳優の一人である遠藤憲一が、「おっさんくさい関西弁でしゃべる犬」の声をあてているとなれば、見ないわけがない。
点数5点。
フレンチ・ブルドッグめちゃめちゃ可愛いです。
50万かぁ……(子犬のほう)

主演は山本浩司。
顔は地味というか、ほんとどこにでもいそうな人なんですが、それだけに出来る役の幅は広そうです。
ただ、この映画の主役がなんでこの人なのかはよくわかんないですねえ。上手いんだけど、主役としての華はないんですよねえ。
どっちかというと、名脇役として活躍してほしいタイプかな。
意外と遠藤憲一とは同じ映画に出てます。たまたまかもしれませんが、今年になってから見た「DV」「魁!クロマティ高校」でもこの2人は見かけました。

で、遠藤憲一。
この人、顔怖いんですよね。
こういうタイプ、好きなんです。笑っても笑顔が却って怖いみたいな。サミュエル・L・ジャクソンとかね。
映画で顔を見ているともっと若いイメージですが、声だけ聞くとほんとーにおっさんです。作ってるのかもしれませんけどね。
犬(フレンチ・ブルドッグ)はかなり可愛いので、ギャップあり。

主人公の職業を臭気鑑定士にしたのは珍しいかもしれません。
他人に対する心の壁や拒否感みたいなものを表現するのに、いつでもマスクしないとダメな匂い過敏男という設定は、悪くはないんだけど、もうちょっと上手い使い方やエピソードがあればなと思います。
他人の匂いを許せないというのは、延長して考えれば他人の存在そのものが許せないということで、そんなやつは恋人に浮気されるのも仕方ないでしょうね。恋人も居心地悪かっただろうし。


ここからがシモネタです。


自分のうんこの匂いって、臭いけど、平気ですよね。
耐えられない!ってことはないですよね。
耐えられなかったらトイレ行けませんし、そしたら生きていけないし。
でも、どうして他人(自分以外の人間)の排泄物の匂いって「すごく」嫌なんでしょうね?
うんこが臭いのは当たり前、クサイのが嫌なのは当たり前、アンモニアの匂いが不愉快になるのは当たり前、というのは置いといて。

自分の体臭、唾液の匂い、排泄物の匂い、その他の体液の匂いって、共通するものがありませんか? 自分の匂いという確固たるトーンといいますか。
香水の研究家のお父さんを持っていたという人が、男性用だけではなくて女性用の香水も研究のためにつけていたけれども、やっぱりそれは○○という香水をつけたお父さんの匂いなのだ、というような文章を書いているのを読んだことがあります。

動物が安心するのは、食ってるとき、寝てるとき、生殖活動してるとき、そして排泄してるとき、なわけです。
そんなところに見知らぬ他者がやってきたら、すぐに緊張します。
敵かもしれませんから。
人間は普通の動物のように鼻はよくはありませし、体臭もきつくはないので、通常の生活をしているときに、それほど他者の匂いを感じることはないと思います。
ただ一つ、トイレを除いては。

自分のテリトリーに自分の匂いがするのは良いことで安心できることなのです。だから自分のうんこの匂いは平気なのです。
しかし、安心して排泄を行うべき場所に、たとえ家族・配偶者といえども他者の濃厚な匂いが充満していると緊張し、それが不愉快さを生み出すのではないでしょうか。
問題は、臭さではなくて、他者の匂い・存在感、それを感じる人間の動物としての原始的本能というわけです。
最近では消臭スプレーなんかもありますけどね。

こんなつまんないこと真面目に考えてる自分て……とたまに前のめりになりたくなります。
(レンタルにて鑑賞。2006/11/08記・再掲)

追記:テレビドラマ化もされたようですが、映画のほうです。
「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」は個人的にはツボに入りまくりました。アニメも少し見ましたが、これ(実写)はこれでよいものでした。

 

|

« 【映画】ライフ・オン・ザ・ロングボード | トップページ | 【映画】東京ゾンビ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/48101317

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】イヌゴエ:

« 【映画】ライフ・オン・ザ・ロングボード | トップページ | 【映画】東京ゾンビ »