« 完結しました | トップページ | 「WebコンテンツPickUP!」に取り上げられました »

明けましておめでとうございます

来る新年のその瞬間、何をしてたかというと18禁BLゲーム「咎狗の血」をプレイしておりました。
どんないちねんになるかもーみえたよーなきがしますねー。

で、漢のゲームで有名なニトロプラス系列のニトロプラスキラルだけあって、BLといってもあえぎ声より怒号が多い、拳が飛び交い流血多めな感じのゲームでした。総監督が虚淵玄でしたからねえ。
18禁だといっても、そこまでエロエロしてなかったです。別にエロなくても大丈夫な話でした。
文章は少々くどい気がしましたが、ノベルゲームの文章って大体あんなもんですよね。ただ、基本読み飛ばすための地文なので、もっとさらっとわかりやすい表現のほうがいいんじゃないかというところもありましたが。
あと、序盤が少々かったるかった。3ルートくらい攻略してみましたが、伏線でもない意味のないシーンが延々入っていたりして、もっと序盤はさくさくいってもいいんじゃないかと思いました。
それにしても、声優さん、表現力があって、びっくりするほど上手かったです。
だれがというのじゃなくて、全員上手かったですねえ。
あのボイスクオリティを男性向けにも要求できないものか。
男性向け18禁ボイスありのゲームのヒロインたちの声ってあまり区別つかないんですよね。
声質もみんな似てるし、セリフの言葉尻で区別がつく程度。
声優さん自体、表現力もいまいちの方が多く(特にえっちシーンがワンパターン)、声が可愛ければそれだけでいいって、ユーザー舐められてないかい?
ちなみに私が好きな女性の声は、低めの落ち着いた、イメージとしては大人の女性の声なので、今までやった男性向け18禁ゲームにはそういうキャラはほとんど登場せず、なかなか残念なのでございます。
とはいえ、エロメインのゲームはやる気しないしねー。

新年早々こんな話でなんですが、今年もよろしくお願いします。

|

« 完結しました | トップページ | 「WebコンテンツPickUP!」に取り上げられました »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/47219383

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« 完結しました | トップページ | 「WebコンテンツPickUP!」に取り上げられました »