« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月

完結しました

拙作、「緑の冠」における章題についての蘊蓄です。
脱力のあまり、こちらを書くのをすっかり忘れていたという……。

「陽のあたる大通りで」は、「明るい表通りで」の邦題のほうが通りは良いのではないかと思います。
これもまた有名な曲なのでいろんな方がカバーしてるのですが、私がイメージしていたのはThe Four Freshmen。CDのはもう少しテンポが早くて歯切れがいい感じです。
詩の内容を知りたい方は、例のごとく「W&R : Jazzと読書の日々」さんで。
景気も相変わらずで、これから気候も寒くなりまる一方ですが、そんな季節にぴったりの、元気のでそうな曲です。

「ノット・フォー・ミー」は、正式には「BUT NOT FOR ME」という曲です。チェット・ベイカーのが好きです。歌詞はこちら
どうしようもなくて、ぼやきたくなるときってあります。そんな歌です。

「ブルー・ムーン」はエラ・フィッツジェラルドでどうぞ。
月を舞台にした話を書くということで、月にちなんだ曲のタイトルなどを物色していたとき、このタイトルが目にとまりました。
作中のクリスと同じく、悲恋の歌だろうと思って聞いてみたら、思っていたのと感じが違う。
歌詞を調べてみたら、作中に出てくるがごとしで、「これは使える!」と(笑)
ご存じの方はひっかからなかったと思いますが、知らない方はきっともっと違う終わり方を想像されたのではないでしょうか。

「ペーパームーン」は本当のタイトルは「IT’S ONLY A PAPER MOON」。
実は、「ペーパームーン」だけだと、映画のほうを差してるのです。
私が最初聞いたのは、弟が放送局のイベントでもらってきたレコード(きっと不要品の在庫整理だったのだと思う)に入っていたアカペラっぽいグループのものでした。もうアーティストの名前も覚えていません。
作中ではナット・キング・コールのものを想定してます。作者の趣味で。歌詞はこちら

もう1曲、作中でユージンが「自分の好みはこっちなんだけど」と言っている「ルート66」もナット・キング・コールのものが有名です。歌詞はこちら
彼は過去に女性で痛い目にあっているので、「色恋はもうたくさん」と思っているという裏設定がありまして、ラブ・ソングよりはこういう歌詞のほうが罪がなくて好きなのです。

作中に出てくる「緑の冠」の動画へのリンクをいくつか貼っておきます。
緑の冠
アラスカにて
スペースシャトルから
宇宙から
地上から

最後に、お読みいただいたみなさん、どうもありがとうございました。
感想、ツッコミなどありましたら、気軽にこちらででもコメントいただけると嬉しいです。


追記:作中に出てくる映画「ペーパームーン」のラストシーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »