« 【映画】ミスティック・リバー | トップページ | 【映画】ハウルの動く城 »

【映画】ギャザリング

私はクリスティーナ・リッチ萌えなので、まあいいか、という程度の点数(4/10)だけど、一般人だと「テレビ放映で充分」レベル(3/10)かなあ。こういうネタっつーかストーリーラインも出尽くした感はあるし、セットとか画面とか悪くはないんだけどとりたてて良いということもない。ひいき目差し引いてもクリスティーナ・リッチはいいんだけど、それだけだしなー。いやだから他のキャストが悪いってわけでもない。ただただ地味なのかもしれない。
グラストンベリー近くのイギリスの片田舎の町を舞台にしたオカルトなんだけど、グラストンベリーと聞いただけで「きたきたきたーーー!」と喜ぶ私。
そう、最近資料として借りた「イギリスの修道院――廃墟の美への招待」によれば、グラストンベリーはイギリスで一番最初に教会ができ、少年時代のキリストが来たとか聖杯だの聖槍だのが運ばれてきただのの伝説もある神秘的な土地柄。当然、物語の中にもその伝説の話は出てくる。
で、その田舎町でお祭りに来ていたカップルが穴に落ちる。カップルが見つかったのは今まで誰にも知られず埋もれていた教会の中。男は死亡、女は1週間後に見つかったが、すぐに死亡、というおどろおどろしいオープニング。
その教会の調査することになったのが、美術専門家のサイモン。サイモンの家族は2度目の妻・マリオンとサイモンの連れ子のエマとマイケル。
サイモンの調査することになった教会は奇妙なことに、祭壇のキリスト像が逆向き(さかさまではなく、信徒席側を向いていない)で、背後には使徒なのかなんなのかわからない写実的な人物群のレリーフがあり、ペスト流行の頃に埋められたということだけがわかっている。
ある日、サイモンの妻マリオンはどしゃぶりの田舎道に飛び出してきたアメリカ人旅行者キャシーを車ではねてしまう。幸いキャシーは擦り傷程度の怪我ですんだのだが、記憶喪失になってしまう。しばらくすれば自然と記憶も回復するだろうという医者の言葉に、荷物もなくしていることだし、うちでお世話させてもらいます、と申し出るマリオン。
キャシーは記憶こそないものの、学校の送り迎えをしたりと子どもたちとも仲良くなる。
が、キャシーは生きている人間が一瞬、目の辺りを醜くぽっかりあけた銃痕が開いていたり、口からも胸からも血を流した死者の顔に見えたりする、という幻覚を見るようになる。
夜は、下の子のマイケル(に似た子)が何かに怯えて屋敷の中を逃げまわる夢を見たりする。しかし、この夢は同じものをマイケルも見ているらしく、キャシーとマイケルは神秘的な感覚を共有している。
その他にもキャシーは、町の中でじっと自分を見つめる人々がいることに気付くが、ある夜、夢にうなされて飛び起きたマイケルを追いかけてサイモンの書斎に入り、その、自分を見つめる人々にそっくりな石像の写真を見つける。それは、埋められた教会の壁の石像の写真だった。
歴史上何度となく繰り返されてきた悲劇。その場面に必ず同席し、その悲劇を見ている人々がいた。
――彼らは見に来たれり。西から東から、町から野から。彼らは来たれり。主への敬意ではなく、ただ快楽のために――
彼らはキリスト磔刑の場に居合わせながら、それを悲しむことも哀れむこともなく、ただ己のひまつぶしや快楽のためにそれを楽しんだ。そのために呪われ、悲劇を見続ける運命になったギャザリングと呼ばれる人々。
つまり、この町にそのギャザリングが集ってきている=この町で悲劇が、しかもマイケルに関係した悲劇が起こるということを予測したキャシーは、彼らを守ろうとするが……とゆー話。
テーマは主人公キャシー曰く「誰でも必ずやりなおせる。その気になれば」。黒木的には、怪我の功名。
特に信仰のない私からしてみれば、キリスト磔刑の場にはキリスト教徒ばかりではなく、キリスト教を敵対しする人々やそんなに宗教心もなくただ居合わせた人や、田舎だと娯楽ないから罪人が殺されるのを楽しんで見る人たちもいたはずで、だからってそんな簡単に呪われちゃあたまらないと思うんですがねえ。
それにしても、クリスティーナ・リッチはよかったですよ。眉が半分くらいないからちょっとルネサンスの頃の宗教画っぽい感じで。いつのまにか胸も育ってるしheart01
(レンタルにて鑑賞。2005/01/15記・再掲)

|

« 【映画】ミスティック・リバー | トップページ | 【映画】ハウルの動く城 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/42165401

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ギャザリング:

« 【映画】ミスティック・リバー | トップページ | 【映画】ハウルの動く城 »