« 【映画】カンフー・ハッスル | トップページ | 【映画】アップタウン・ガールズ »

【映画】ゴシカ

この監督の名前(マシュー・カソヴィッツ)、どっかで聞いたことがあるようなと思ったら、クリムゾン・リバーの監督だった。
ハートウォーミング・コメディとかヒューマンドラマはそうでもないが、ホラー・オカルト・サスペンスの類はできればDVDでレンタルしたいと思っている。なぜなら、映像特典の音声付解説が面白いからだ。
その映画自体がイマイチでも、音声付解説は面白い。製作者の意図がここで表現されているとか、ここはこういうつもりでこうしたとか、そういうのは映像と文章、ジャンルは違っていても参考になると思う。
映画自体は思ったよりはよかった。少女の幽霊の出現演出とか表情とかは正直、かなり怖い。
冒頭から、ハル・ベリーが気が付いたら刑務所に収容されているシーンまでは、少々かったるいが悪くはない。途中の展開はかなりかったるいがそこまで悪いわけではない。ハル・ベリーもペネロペ・クルスも久々のロバート・ダウニングJrもよかった。
じゃあ、何が問題かというと、話がご都合主義なところ。
結局ハル・ベリーの夫殺しは司法上どう処理されたわけよ? そしてペネロペ・クルスも。
そしてあの少女の幽霊って、あんだけのことができるなら、他に色々他人(ハル・ベリーとか)に迷惑かけないマシなことが出来たはずじゃないの? という当然の疑問が噴出するわけだが、監督は「映画館の席から腰が浮くほど観客を怖がらせること」だけを身上に作っているらしいので、そのへんは監督としてはどうでもよかったのかも。監督ラテン系(フランス人)だし。
次回作に期待したい。
(レンタルにて鑑賞。2005/01/20記・再掲)

|

« 【映画】カンフー・ハッスル | トップページ | 【映画】アップタウン・ガールズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521285/42165238

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ゴシカ:

« 【映画】カンフー・ハッスル | トップページ | 【映画】アップタウン・ガールズ »